*中学生の自殺

茨木県取手市の中学3年生の中島菜保子さんが、自殺して3年半がたった。中学の同級生にいじめられての自殺だった。当初、取手市の教育委員会は、自殺といじめの因果関係はなかったとしていた。

2019年3月20日に、茨木県の調査委員会は、壮絶ないじめによる自殺であったという報告書を示した。保護者が3年以上の間、訴えてきた内容に沿うものであった。

「ほんとうにうんこだよね」「クソってるね」

菜保子さんの卒業時のアルバムに、加害生徒が書いた言葉だ。一生の思い出になるかもしれないアルバムに、汚い言葉を書かれて、傷つかない児童がいるだろうか。この言葉を目にしただけで、涙が出てきた。

それ以上に、衝撃を受けたのが、担任の教師がいじめを誘発し、菜保子さんの自殺直後は、家庭での虐待に問題をすり替えていた。そして、事故死として処理しようとしたことだ。まだまだ、詳細は明らかになっていないが、もっと驚くような事実が、徐々に明らかになっていくことだろう。

何が原因でいじめられたのか。いじめを受けるような、要因があったのだろうか。胸の痛くなるような事件だが、大人がそれも担任教師が、関与していれば、逃げ道はなかっただろう。

愛知県野田市の小学6年生の自殺でも思ったが、いじめに教師が無関心で、気づかない。または、いじめに関与して、加害児童を援護している。児童の自殺が、増え続ける現代。大人の教育的価値観が、どこかがおかしくなっている。

やはり、教育者の自分の仕事しか考えない防衛心理と、クラス優先主義の教育的価値観が横行しているのだろう。この感覚は、保育にもあてはまり、自分のクラスの子どものみ、保育すればいいという保育観がある。

子どもの自殺は、本当につらい。スクールカウンセラーなどの第3者の存在を、常駐することが重要だと思う。でも、閉鎖的な教育委員会では、なかなか実現不可能であるかもしれない。

子どもの問題は、緊急課題である。法律ができても、それを運用する教職員や教育委員会の、価値観を変えなければ、絵に描いた餅になってしまう。

子どもを指導すると共に、子どもの心に寄りそう取り組みが必要である。

教育者も保育士も、子どもに関わる大人は、カウンセリング能力を養うことが重要であると、痛切に思う。

*再び 子どもに寄りそうこと

2019年3月12日、愛知県豊田市で、小学校6年生の女児2人が、マンションから飛び降り、死亡した。

小学生が自ら死を選ぶとは、なんという痛ましいことだろう。学校内でのいじめを苦にして、死を選んだのだろうか。「死にたい、明日、とびおりる」と、女児の一人が、周囲にもらしていたことがわかっている。

現場には遺書らしき手紙があり、自殺の可能性が高いようである。手紙は、友人に宛てたもの、家族に宛てたもの、そして、校長先生に宛てたもの、3通が残された。

2016年の小・中・高生の自殺は、320人、内、小学生は12人。2017年の小・中・高生の自殺は、250人、内、小学生は6人という統計がある。実際には何倍もの子どもたちが、自死していると推測される。手紙や遺書を残さないで、死を選ぶ子どもは自殺にはならない。

女児の一人が「死にたい」と周囲にもらしていたのならば、誰かが気づき、心の内を聞いてあげられなかったのだろうか。小学6年生、12才ともなれば、学校での苦しみや悲しみを、なかなか、保護者に言うことができない。

親に心配をかけたくない、という気持ちが先にたつ。自分でなんとかしなければ恥ずかしいと、思ったかもしれない。すでに思春期の入り口に、立っている情態であったと思う。

でも、この2人は、3通の手紙を残している。いじめのつらさや悲しさを、つづったかもしれない。校長先生への切なるお願いを、書いたかもしれない。

内容は判然としないが、死という行動を通して、手紙に託した何かを通じて、強く訴えるものがある。自分たちの心の中を聞いてくれない、理解してくれない大人たちへの、訴状のように思える。

この事実は、いじめがあったか否かだけの、問題に終始してはいけないと思う。

子どもたちの生命をあずかる、すべての教育者、スクールカウンセラー、保育士。また、子どもたちを見守る地域の人々が「子どもの自死」を、心に深くとどめてほしい。なぜ、子どもが死にたいと思うのか、考えてほしい。

そして、再度「子どもに寄りそう事」とは何かを考え、自分の実践を振り返る事が重要である。自戒の念を込めて、そう思う。

2人の女児のご冥福を祈ると共に、保護者の方々の深い悲しみに、お悔やみを申し上げます。

*家族支援とは

最近、家族相談士の資格試験を受けた。筆記試験のために、「家族心理学」を最初から学習し直した。家族療法ともいえる分野だが、さまざまなケアスタイルがあり、家族心理学は、多岐多様である。

ブリーフセラピー、解決志向アプローチ、オープンダイアローグ、ナラティブセラピー、などなど。家族療法から発して、実際の家族をカウンセリングして、実践論を模索し、構築した方々には敬服する。

フロイトが提唱した、精神分析学は、個人の人格や過去の経験をもとに、精神疾患を分析した。ユングはもっと、スピリチュアルで、人間の脳細胞には、歴史的記憶が刻まれていると、考えた。アドラーは人間関係を重視して、人間の性格は、コミュケーションによって形成されると、説いた。

アドラーは教育的観点が、深い。だから、コミュニケーションの重要性が問われる現代、若い人を中心に、その理論や思いが、受け入れられるのだろう。

家族とは何だろうか?

保育活動は、戦後一貫して、教育活動よりも、一段低くとらえられてきた。給料の差も、歴然とあった。保育は「子守り」という概念なのだろうか。でも、保育は最も、家族のそばにある活動だった。子どもを教育するのではなく、子どもの育成と家族のあり方を、援助し支える役割りだったから。

教育と援助は、似ているようだが、本質的に違う。

教育は伝えること、援助は支えること、なのではないかと思う。教育も援助も、共に重要な活動である。家族支援とは、伝えること支えること。この二つが、両輪のごとく回れば、より良い保育・教育ができると思う。

家族支援を、積極的に実践すれば、子どもたちの未来は、もっと明るくなるだろう。

*障がいのある子と共に

私が勤めていた保育園は、開園当初から障がいのある子を受け入れ、統合保育を実践していた。

どの子どもも、保育的な大変さはあったが、ちゃんと向き合えばコミュケーションがとれて、楽しかった。

障がいのある子どもの保護者は、通常の育児の何十倍もの大変さがあった。子育ての不安、将来、自分たち親がいなくなった時の不安、など。私たちが考えられないような、生きるためのしんどさを抱えていた。

だから、障がいのある子が一人ぼっちにならないように、兄弟姉妹を次々と生みだした。そして、その子どたちも共に保育し、まさに家族的統合保育を、保護者に学びながら実践していった。

心身に障がいのある子、寝たきりの子、全身に器具を装着してた子、知的障がいのある子、多動で動きまわる子、そして、自閉的な子、等々。障がいのあり様、家族のあり様はそれぞれだったが、保護者同士、お互いに支え合うネットワークを作っていった

人間だから、生きるための考え方が少しづつ違うから、家族構成が様々だから。障がいのある子の育て方で食い違うことも、あったように思う。

その子どもたちの成長にともない、法人がグループホームやデイケアサービス事業を、創造していった。

そして、成人した3人の障がい者が亡くなった。どの障がいのある人も、享年30才前後だった。心臓や肺機能への負担が、かなり大きかったのだと推測する。それぞれのお葬式の日、兄弟姉妹の悲しみは、とても深かった。

兄弟姉妹も卒園児なので、子どもの頃の様子が交差する。保育園時代、障がいのあるお兄ちゃん、お姉ちゃんにクールだった子どもたちが、遺体を前にして大泣きしたり、深い悲しみに耐えていたりした。

保護者の方々の悲しみは、とてつもなく、計り知れないものだった。でも、兄弟姉妹の悲しみや切なさを目のあたりにした時、統合保育を実践してきてよかったと思った。障がいのある兄や姉を、大切な存在として感じていたのだろうと、家族の中心であったのだろうと、感じとれたからである。

この兄弟姉妹は、いくつになっても、弱い人々の支えになっていくだろうと思う。心身障がいを持った兄の死を偲んで、妹たちが言った言葉が忘れられない。

「兄は、家族の中心でした。兄を中心に家族が回っていました。失ってしまった今、これから私たち家族が、どのように生きていくのか、わかりません。でも、兄がいなくなった穴を、みんなで頑張って、埋めていこうと思います」

*子どもに寄りそうこと

1985年ごろ1か月ほど、アメリカ各地の保育所や、各州の行政の児童福祉課に視察に行った。神奈川県下の保育士、施設長、神奈川県児童福祉課の人々など、30人ぐらいの視察団だった。

地方都市ボストンの児童福祉課の職員は、すべて女性であった。家族と子どもの問題が多発していて、問題解決に四苦八苦している様子だった。離婚率が高くなり、親権問題で揺れている家族が多く、子どものメンタルケアができない状況を、率直に語っていた。子どもたちに対して誠実に向き合っている姿勢に、感銘したのを覚えている。

「クレイマー、クレイマー」そのものだと思った。女性の自立・自律思想にともない、シングルマザーやシングルファーザーが増えた。子どもが家族の中では、居場所を見い出せなくなったのだろう。アメリカでもこの頃から、家族療法がしきりに研究・実践されていった。

現代の日本も、同じような状況にある。私は長年、保育士をしていた。そして、定年を期に家族療法を学んだ。保育士や教師などの教育関係者は、保護者に対して、上から目線で対応してしまう傾向がある。アジア文化全般に「親は指導しなければいけない」という概念がある。

現代の子どもたちが置かれている状況は、手作りの食事は少なく、コンビニ弁当やスーパーのお総菜食品が多い。お風呂は、兄弟姉妹でしか入らないという家庭も、めずらしくない。まさしく「指導しなければならない親たち」なのである。

家族療法は、子どもや保護者を指導・教育するのではなく、子どもを取り巻く家族社会を理解することから、スタートする。親族関係を聞き取り、ジェノグラム=家系図を作り、多世代的な関係性を把握する。その中から、子どものパーソナリティや、置かれている状況を理解していく。

子どもの育成は、家族だけが担うものではない。保育園や幼稚園、小学校・中学校の公教育、そして、地域の人々の協力があってこそ、子どもたちはのびのびと育つのだ。

でも、家族の存在が子どもへ与える影響は大きい。家族の愛情の有無は、子どもの潜在意識に深く刻みこまれる。だからこそ、家族関係に恵まれない子、ネグレクトや虐待を受けた子どもには、寄りそう人々が必要なのである。それは、保育士、教師、祖父、祖母、地域の人々が、ふさわしい。子どもの生きてく力になってくれる人々の存在が、大切なのである。

ネグレクトや虐待を描いた映画、子どもに寄りそう人々を描いた映画を紹介する。

🍎 大人は判ってくれない:1959年,フランス映画,フランソワ・トリュフォー監督

🍎 少年:1969年,日本映画,大島渚監督

🍎 クレイマー・クレイマー:1979年 ,アメリカ映画 ,ロバート・ベントン監督

🍎 さよなら子どもたち:1987年,フランス映画,ルイ・マル監督

🍎 コルチャック先生:1991年,ポーランド映画,アンジェ・ワイダ監督

🍎 誰も知らない:2004年,日本映画,是枝祐和監督

*子どもにとっての暴言と暴力

長年、保育士をしていて思うことがある。「しつけと怒ることの違いは何か」である。私は家族療法カウンセラーとして活動しているが、兼業で保育活動を行っている。
怒ると叱るの違いで、とまどっている保護者がいる。また、保育士もその違いやバランスで自問自答し、悩むことが多々ある。

しつけすることをすべて止めてしまうと、子どもはルールを違う方向に覚えてしまう。例えば、スプーンやおはしなどの道具を使わずに食事をしたり、排せつをトイレですることを、覚えられなかったりする状態になる。

また、叱ることをすべて止めてしまうと、兄弟姉妹や友だちのおもちゃを取ったり、自分の思いを通そうと、ケンカになったりしてしまう。

要するに、人間関係作りのルールを学べないのである。この場合、大人が叱り方を知恵をしぼって工夫すれば、子どもはそれなりに考えて、次の行動をイメージしようとする。子どもの力を、信じればいい。

怒るということは、大人の感情次第で、子どもに言葉を投げかけることだ。そう、保護者だけでなく、保育士、教育者でも感情に身をまかせて、怒ってしまうことがある。怒るという行為は、大人中心の行為でその結果、子どもの心がどうなるのか、関心がないし観察などしない。

しつけと叱ることは、その時代の社会規範に左右される。極端にいえば、100年前の社会的ルールは、現代にはほとんど通用しない。また、食生活は戦後大きく変わった。食べ方のマナーは、民族的文化によって、かなり違う。しつけは、社会性と文化によって、内容が違ってくるのだ。また、男性と女性と価値観が違うと、家庭内でしつけの不一致がおこる。

だから、子どもは混乱する。感情的に怒られたり、しつけと称してお風呂場やベランダに、長時間放置されたりする。また、食事を与えられなかったり、お風呂に入れなかったする。これがネグレクトだ。

子どもは、その意味を理解できない。当たり前である。その時の感情は大人だけもので、ただの発散と押しつけなのだから。子どもとのコミュニケーションは皆無である。

命令的暴言と痛みを与える暴力は、子どもの心を傷つけ、脳細胞を徐々にこわしていく。この罪を、子どもに関わるすべての人は自覚しなければならない。
保護者、保育士、教育者、おじいちゃん、おばあちゃん、地域の人々、すべての大人が自覚しないと、虐待はなくならない。

そういう私も、失敗だらけだった。失敗したら、子どもの心から学んだ。自戒の念を込めて、現代の虐待問題に向けて、提起したい。

「暴言、暴力は、子どもの心と脳細胞を、破壊します!」

*暴力について

千葉県野田市で起こった、栗原心愛さんが自宅で死亡した事件が、テレビのニュースやワイドショーで、報道されている。心愛さんの父親と母親が身体的虐待、精神的虐待をし続けた結果、10歳の子どもを死に至らしめた。

様々な人々が、野田市の教育委員会や学校現場、児童相談所の無責任性を追及していた。確かに、無責任だと思う。父親の暴力的態度に負けてしまい、子どもを守り、助けることができなかった。

どうして、暴力に対して非力なのだろうか。心愛さんの父親もしつけと称して、自分の親から暴力を受けていたかもしれない。でも、暴力の伝播があったとしても、心理的に肯定してきたから、この父親は自分の子どもにも、しつけとして暴力をふるった。

自分の思いを子どもに伝えるために、愛情なのか支配欲なのか、すれすれのところで、暴言をはく保護者がいる。また、指導の一環と称して、中学生や高校生をなぐる指導者がいる。親だけでなく、教育者でも暴力を肯定している人がいる。

親から暴言や暴力を受けていたとしたら、子どもは率直にSOSを出す。それを受けとめるのが大人だ。それをどうにかして、助けるのが大人だ。ささやかなSOSでも、受けとめるのが大人の重要な役割なのだ。

暴力は心と生命を殺す。この命題を子どもを育成する者は、育成観の支柱にしなければいけない。父親、母親、祖父、祖母、教育機関、地域の人々が、子どもたちを見守り育てる心を持ってほしい。その育成観がないから、暴力に負けてしまうのだ。

子どもは家族だけで育つものではない。子どもにとって家族はベースだが、保育園や幼稚園、学校、地域という社会の中でもまれ、試行錯誤しながら成長していく。

暴力の行使は、性別に関係ない。乳幼児や学童児を保育している時期に「ママのいうこときかないと、たたかれた」「泣く子はウザイと言われ、ベランダに立たされた」等々。胸が苦しくなる状況を聞かされた。

暴力を防止するには、第一に勇気をもって、暴力を行使した本人に指摘すること。そして、何人かの大人が協力体制を組んで、子どもを守り、助けるしかないのだ。それは、おじいちゃん、おばあちゃん、保育士、教育者、地域の人々、行政機関、どんな立場の人でもいいのである。

子どもは、親が所有し支配する存在ではない。親族、地域、教育機関が同じ育成観を持ち、互いに信頼関係を確立することによって、必ず成長する存在なのである。
そうでなければ、虐待で死亡する子ども、心をズタズタに傷つけられる子どもは、後を絶たないと痛切に思う。

「心愛さん、あなたが生きた10年間の道を、心に刻みます」

*「ママタイム 」によせて

2019年1月某日、「ママタイム」という物語小説を、アマゾンKindleストアで電子出版した。長年の夢がかなった瞬間だった。作家を嘱望して数十年。書いては途中でやめ、また、モチーフを考え直す期間が長く続いた。


私は30年余り、保育士として働いた。家族に関する心理学を学んで、カウンセラー資格をとった。子どもの観点で家族を見つめることが、私の必須課題となった。


虐待やネグレクトが、社会問題化して久しいが、件数的には年々増加している。件数が増えたというよりは、実態が表面化したにすぎないと思ってしまうのは、私だけだろうか?


「ママタイム」の物語は、離婚した家族を子どもの目線でつづってみた。この主人公は、身体的虐待を受けたことはない。でも、大人の事情や感情に、シングルの保護者が抱える生活感に、まどわされてしまう。大人の事情を考えて、我慢し続けてしまう。その我慢や、寂しさや切なさを、大人たちは気づかなかった。この子は、大人を思ういい子だったから。


私は川崎の地で生まれ、地域の子どもたちを保育する職業を選んだ。すべての子どもたちが、健全な道を選択してほしいと願い続けた。
健全な道とは何か。人を思いやること。人を傷つけないこと。お互いに尊重し合うこと。どこかの標語みたいだけど…、私の率直な気持ちだ。
この健全な道は、家族関係にも当てはまる。


大人は、逃げてはいけない。でも、逃げ道はたくさんある。子どもの逃げ道は「悪い子」になるか、「いい子」になりきるかしかない。
だから、子どもを責めないでほしい。逃げ道に迷い込んだ大人が、頑張ってる子どもを、追いつめないでほしい。


子どもはいつも泣いている。言語を発する前から「オンギャー」とか「エエーン」とか。そして、大人に感情的に怒られ、無視され、ウザイとか言われて、心の中で泣いている。


どうか、どうか、子どもの涙に気づいてほしい。子どもの寂しさや切なさに、寄りそってほしい。
「ママタイム」に込めた、切なる思いである。

*非言語コミュニケーション

児童福祉法では乳児は0歳で、1歳から小学校入学までを幼児という。でも、学校教育法では3歳から就学までの児童を幼児という。で、1歳・2歳の子どもたちが法律上、乳児なのか幼児なのか判然としない。


保育士をしていた経験上、乳児は0歳から2歳までだと思っている。それは、言語を発するかいなかの途上にあるからだ。人間のコミュニケーションツールは、まずは言語である。でも、聞き取れる言語、大人が分かる言語のみがコミュニケーションなのだろうか?0歳児の「アブアブ」や「キャッキャッ」などの声を、発語という。赤ちゃんは泣くことで、感情を表現するし、表情の変化で思いを伝えてくる。まさしく、非言語コミュニケーションである。

私は映画やドラマが大好きで、舞台より映像の方が見ていておもしろい。素晴らしい俳優は表情が豊かである。セリフの言い回しや間の取り方で、上手さが際立つ演技者もいるが、最高にカッコいいのは、「眼技」ができる演技者だ!「眼は口ほどにものを言う」のである。これこそ、非言語的行動だ。


スマホやパソコンの普及よって、情報や理論が優先する昨今、人と人とのコミュニケーションが非常に薄れつつある昨今、非言語コミュニケーション力を養おう!

そして、カウンセラーに最も必要とされる、能力である。私は、新米カウンセラーだが、人の表情や声のトーンで、心の揺れ動きや感情の起伏を、大体読みとれる。それは、子どもたちを保育・教育しながら、その保護者たちと何回も話し合い、時には叱られ、和解し、共に改善策を見つけて、最終的には笑い合うことができたから。
カウンセリングの力量は理論ありきではなく、人の心を読みとり、いかに非言語的情報を感じとり、コミュケーションできるかにかかっている。

*子どもの心

放課後児童クラブ「わくわくプラザ」(川崎市の名称)で、13年間保育実践をした。その頃、小学生の子どもたちの悩みをよく聞いていた。
「ねえねえ、学校で嫌なことがあってさ、聞いてくれる?」と言う、高学年女子。「朝から頭いたいから、冷えピタはってよ」と言って、帰る時間までマンガ読みながら、ゴロゴロしている低学年女子。
ボーっとして、部屋のすみに一人でポツンとしている子に「どうした?なんかあったの?」と聞くと、「○○になぐられた」と言ったとたん、大声で泣き出す中学年男子。

ちなみに、現代の小学校では、1年生と2年生を低学年、3年生と4年生を中学年、5年生と6年生を高学年という。中学年の出現は、3年生4年生は意外と難しい年齢で、きちんと対応しなければいけないという、教職員たちの意識のように感じた。


子どもの悩みは、多岐・多様。泣いているから、その子がケンカの被害者とは限らない。大人に訴えて、味方につけて友人関係で優位に立とうする子もいる。
「いじめられた、いじめられた」と、連呼する子の主張を一旦は聞くが、事情をきちんと聞かないと、ホントのことは分からない。

放課後児童クラブでおもろしいのは、自分の小学生時代を思い出せることだ。
「自分も悔しい思いしたよな」とか「小さなウソはついた方が上手くいくよな」などなど。子ども時代の自分と比較しながら、目の前の子どものつらさや痛みを理解していった。

彼らとの年齢差は45歳ぐらい。でも不思議と、泣いていたり、怒っていたりする子どもの心に寄りそっていけば、あまり年齢は関係ないのである。

哀しさや怒りは、大人社会でも存在する。子ども社会だって、人間関係のあり様はそんなに変わらない。泣いて、怒って、笑って、話し合いして、ようやく相手の気持ちが理解できるのだ。

家族関係や職場の人間関係と同じだ。ただ、大人は、理解しあう過程を上手にすり抜ける術を、いつの間にか身につけてしまう。だから、関係性が固定化してしまうのだ。

子どもはストレートに自分の感情を出し、なんとかしようと、頑張る。

子どもは天使ではない。子どもは、立派な人間なのだ。